オパビニア
タビーの進化論

アノマロカリス
トップページへ
私は学者ではありません、そして化石発掘もした事がありません、しかし生物進化に興味を持ち、進化論に関する本を4〜5冊は読みました、そして感じた事はどの本も正しく思えます、又疑問も多く残りました、それだけ進化論は奥が深いと云えるでしょうが、とかくこの手の本は難しく書き過ぎる様に思えます、そこで私なりに疑問点なども分析しながら 分り安く解説してみたいと思います。
@生命の誕生から人類まで駆け足で
A人類の進化
Bラマルクの進化論
Cダーウインの進化論
D総合説
Eカンブリア紀進化の実験室
F植物の進化
G劣勝優敗?
H恐竜の絶滅
Iウイルス進化論
Jパラレルワールド
K日本人の起源
@生命の誕生から人類まで駆け足で
今、私たちが住んでいる地球は約、46億年前に出来たと云われています、そして、一番古い生物化石は30億年前の物で細菌みたいな物が発見されています それから推測しますと生物は約40億年前に地球上に現れたと考えられています。
どうして発生したか未だはっきりと分っていませんが、アミノ酸の他、多種多様な生物の元が混ざり有って出来たとされていますが、それまでの進化を科学進化と云います、そしてそれから先が生物進化と有る訳です。
では、人間までの進化を駆け足でたどってみますと、単細胞生物・多細胞生物・無脊椎動物・脊椎動物・魚類・両生類・爬虫類・哺乳類・食虫目・原猿(原始的霊長類)・猿・類人猿・猿人・原人・旧人・新人と成る訳ですが これまでの進化に40億年の年月が過かっている訳です、ではどうして生物は進化したのでしょう、ラマルクの用不用説・ダーウインの自然淘汰説が有名ですが、今は突然変異と自然淘汰を複合した、総合説が支流ですが、これも確証は有りません、ただ云えるのは、環境の変化が生物の進化に大きな影響を与えた事だけは分っています。
今、地球上には、単細胞生物から人類まで、様々な生物が生息している訳でして其々進化の途中で留まっているものは、環境の急変に合わなく 進化の必要が無かったか又、進化の袋小路に入ってしまったかです、人類の祖先が同じと云われる類人猿も今も現存します、ですから生物は別に進化を好きでした訳では無く環境の急変に 生き残る為に仕方なく進化した事に成る訳です。 すると人間は仕方なく人間に成ってしまったと云う事に成ります、そう考えると面白いですね。

A人類の進化

哺乳類の誕生は、今から2億5千年から2億1千年前の三畳紀に出現しました、そして哺乳類全盛期を迎えようとしていました、しかし2億1千年前から6500万年前ジュラ紀・白亜紀の間、恐竜が出現し恐竜全盛期が来てしまったのです、そして1億6千年の間哺乳類は身体をネコ位の大きさにまで小さくし、恐竜や他の爬虫類に怯えながら細々と生き延びて来たのでした。
そして恐竜や大型爬虫類が6500万年前に絶滅した後 やっと哺乳類の時代がやって来たのです、ぽっかり空いた 陸・空・水中の生態的領域に哺乳類は一気に進出して行ったのです、そしてネズミ位の小さな食注目の一種が樹上にも進出し、原始的霊長類(猿)に進化したのでした。
樹上で身体が大きく進化した霊長類は、類人類にまで進化しました、そして大きく成りすぎた類人類は、休む時は樹上で座り又、木の上を歩いて移動出来ず腕渡り(木にぶら下がる)で移動する様に成りました、するとどうでしょうその腕渡りの状態は立っている状態と同じです、実際今のチンパンジーは少し位なら二足歩行は出来ます、それはこの腕渡りが歩く準備をしたと云えます。
丁度そんな時期700万年前、アフリカの大地に異変が起きたのです、それは大規模な造山運動で西と東に大陸が分断されたのです、そして西からの多量に湿気を帯びた気流が遮断され、東側は豊かなジャングルから次第にサバンナへと変わっていったのです、そしてそこに生息していた類人猿は、点在する様に成ったジャングルとジャングルの間を移動しなければ成らず、又敵を早く発見する為に立って歩く様に成ったと考えられています、そして500万年から400万年前、猿人が誕生したのです。 
(もしアフリカに造山運動が起こらなければ、又人類の祖先にニ足歩行の準備が出来ていなければ、人類は誕生していないかも知れません) 直立二足歩行を獲得した猿人は、当初400ccであった脳(ほぼチンパンジーと同じ)が200万年から300万年を掛けて2倍の800ccに迄 脳を発達させ、100万年前 原人へと進化しました。(脳の発達はニ足歩行で自由に成った手で道具を使用または作成する事により、さらに脳を刺激し発達を促したと考えられています)

原人は火を使用したことが化石から分っています、そして初めてアフリカを出て地球各地に分布を広げた人類でもあります。

各人類の脳容量


猿人=400CC   原人=800cc


旧人=1400CC  新人=1700cc

そして原人は15万年前に旧人へと進化しました、頭蓋骨から言葉も多少話せたと推測できます、そして3万年前まで生息していた事が化石から分っています、しかし10万年前、アフリカで新人(現在の人類と同じホモサピエンスに属します)が誕生したのでした。
新人は6万年前よりアフリカを旅たち、高度な狩猟技術を用い大型哺乳類を絶滅させながら
(新人の移動と絶滅が同時期)たった5万年で地球各地に分布を広げました。 旧人も新人に滅ぼ

マンモスは人類が滅ぼした?
されたか、同化されたと思われます。(そう云えば原始人みたいな人をたまに見ますね♪) ではどうして人類は世界各地に分布を広げたのでしょう、それは当時の食生活に有ります、主食が肉で有ったからです。
当時は野生の動物を狩って食べていました、すると一家族当たり10kuの土地が無ければ、生活が出来ないと推測されます、ですから人口が増えると新天地を求めて旅立たなければ、成らなかった訳です。
今人類は、ホモサピエンス一種ですが、世界に大きく分けて四つの人種がいます、黒人(ニグロイド)白人(コーカソイド)黄色人種(モンゴロイド)そしてオーストラリア原住民(オース
トラロイド)です、6万年前にアフリカを旅立ち各地で環境に適応して、人間は短期間(3〜5万年)で形を変えた事に成ります、しかし今3日もあれば地球の裏側に行く事が出来る時代です(タイだと6時間♪)また一つの人種に成るかも知れませんね、それはもっと短期間・・・1万年もかからないかも知れません、どんな人種に成るのでしょう?
環境の変化で生物は進化すると云いました、しかし人間は少し位の環境の変化では絶滅はしないでしょう、何故ならある程度地球の環境も変える事が出来たからです、例えば住居の建築、農地開拓に始まり宇宙開発まで、そして環境破壊もそうですが・・・とにかく地球の形、環境を変える事の出来たのは人類だけだからです、巨大な隕石の激突、世界戦争等 地球規模での異変が起きなければ、人類は益々繁栄して行くでしょう、そして地球が人類でいっぱいに成ったら何処へ行くのでしょう?・・・海底か宇宙しか有りませんね。
コーヒーブレイク
昔、SFで火星人が創造された時タコみたいな物でしたね、これもデタラメではないかも知れないのです、やがて人類が宇宙に進出する時が来るでしょう、しかし人類が移住出来る惑星にたどり着くまで何年掛かるでしょう?千年?いや1万年?もっ
と、掛かるかも知れません、そしてたどり着けず宇宙生活に成るかも知れません、すると人類はどうなるでしょう?そうです、地球では環境まで変えた人類は此処で初めて環境の大変化に遭遇するのです。 つまり重力の無い世界です(人工重力が出来ない仮定)動物の骨は身体を支える他にカルシュウムの補充の役目が有りますが、取り合えず身体を支える役目だけは無くなる訳です、たとえ100kgの物でも0gです、力など要らなく成ります、何世代掛かるか分りませんが、骨の無い人間に進化するかも・・・タコの様な人間に・・・ 本当にこう成ったらいやですね

Bラマルクの進化論
バティスト・ド・ラマルク(1744〜1829)
進化論と云えば、ダーウインが有名ですがそのダーウインが進化論を唱える前に、生物は下等なものから段々と高等なものへと変化してきたと唱えた、そして用不用説を発表した。
用不用説とは、生物は良く使う器官はさらに発達して、逆に使わない器官は退化して行く、そして何世代か積み重ねていくと、良く使う器官の特長を持った別の種に進化すると云った進化論です、例えばキリンの祖先は首が短かったが、ある時点で樹上の食物をとらなければならない様に成り、キリンは首を伸ばして食物を取
ろうとする、その結果、必要によって良く使われる首が発達し、子孫に伝えられ、次第にキリンの首が長くなったと云う。
しかしキリンの子孫(首の長くないキリン)と太古のキリンの化石は見つかっていますが、その中間の首を持ったキリンの化石は見つかっていないのです、そしてキリンには水を飲む為、首を急に下げた時に血液が頭に急激に下がるのを防止する、調整弁が首に付いているのです、そしてキリンの祖先の生き残りと云われる、オカビにもこの調整弁
が首に付いているのです、可笑しいですね、キリンの子孫は自分が首が長く成るのを知っていたのでしょうか? しかし洞窟の中の目の退化した魚やサンショウウオ、また人類が猿人から新人への進化の過程は、充分このラマルクの用不用説で説明する事が出来ると思います。

Cダーウインの進化論

チャールズ・ダーウイン(1809〜1882)
ダーウインは、生存競争、適者生存、優勝劣敗の法則に支配されて、生物は進化したと自然淘汰説を唱えました、つまり生物は同じ個体でもそれぞれ特異性を持っており、環境の変化、生存競争に打ち勝ち、生き延びたものが新しい種に進化したと解説しています。
ダーウインが若い頃、ガラバゴス諸島を探検しそれぞれの島でゾウガメがその島の環境に適応し別々の形に甲羅が変化している事、また、ダーウイン・フィンチ(鳥)もまたそれぞれの島で特異化(特に嘴、果実、穀物、昆
虫を食べる為に変化)している事で、この自然淘汰説のヒントに成ったと思われるが、一つの種が、近異種への進化、例えば鳥の祖先から、空を飛ぶ鳥、地上を歩く鳥、水中に戻った鳥(ペンギン)などの説明は出来るでしょう、しかし食注目から進化したコウモリの進化はどう説明するのでしょう? 生存競争、適者生存、優勝劣敗、そして自然淘汰では、手が長くなり幕が出来、空を飛べる様に成った様な別種に進化した事の説明には成りません。
D総合説

総合説は、突然変異と自然淘汰を複合したものです。
生物の遺伝子は稀に、元の形と違ったものを複製します、それが突然変異です、そしてその突然変異で生まれた個体が、たまたま環境の変化又は、生存競争、適者生存、優勝劣敗の自然淘汰により選択され生き残り、別種に進化した云うのがこの説ですが、確かにこの説で、キリンの首が長く成った事や、食虫目からコウモリが誕生した事は説明出来るかも知れません、しかし一個体だけでは繁殖は出来ません、しかも突然変異はほんの極稀にしか起こりません、それが繁殖可能な数が同種類、同時期に発生するでしょうか?、その確率は、宝くじに当るよりずう〜とずう〜と低いでしょう、そんな説が今支流なのです。
しかし、今 突然変異も目に分かる変異以外に原子レベルで常に変異している事が分っていますので、新総合説が発表させるかも知れません。
コーヒーブレイク
3進化論以外にも色々な説が発表されています、そして全て正しく思えますし、また疑問も多く残る事は前にも書きました、環境変化のなかで、用不用(獲得遺伝形質)、自然淘汰、突然変異が、生物の進化に何らかの影響を及ぼした事は間違い有りません、しかし全ての進化をひとつの進化論で証明しようとすると無理が生じます、それだけ進化論は奥が深いとも云えます、そしてキリンの首の問題、コウモリへの進化等、進化の
途中の化石がまだ見つかっていません化石に残らないほどの速さで進化したのでしょうか? 飛ぶ鳥が飛べない鳥に進化するのに一千年も掛からないと云う説もありますから・・・


Eカンブリア紀進化の実験室

オパビニア

アノマロカリス

ハルキゲニア

三葉虫

オダライア

オダライア

マルレラ

ピカイア

ウィワクシア

アンモナイト
地球は、30億年もの長い年月を単細胞生物、ラン藻などの微生物、約9億年前からはカイメンの祖先も加わり、これらの生物と共に暮らす星であったのが、突然6億年ほど前になって高等な基本体制をもつ生物が棲むようになったことが明らかになりました、上の生物を見て下さい、馴染のあるのは、アンモナイトと三葉虫だけですね、6億年前は苔虫動物門だけでしたが、扁形動物門、節足動物門が出揃い多種多様な生物が発生し地球を賑やかにしたのが、このカンブリア紀です。
目が5つも有り長い嘴みたいのを生やしたオパビニア、どちらが背中か腹か分らないハルキゲニア他、訳の分からない形の生物、しかし共通するのは、背中のトゲ、敵を早く発見する為の5つの目、堅い外皮に覆われた身体など、捕食者から身を守る工夫がされています、では何から身を守ったのでしょう?それはアノマロカリスです体長80cm早く泳ぐ為の両翼のヒレ、そして鋭い牙と口、他の弱者を貪り食いながら君臨していたと思われます。
しかしこのカンブリア紀の生物は 世の中に子孫を残さず絶滅してしまいます、自然がこんな生物はどうかな?と思いつきで 世に出した、つまり実験室であったかも知れません、しかしこの中でピカイアと云う可細い生物がいました、細長い身体でゆらゆらと泳いでいたと思われます、ところがこのピカイアには、脊柱を身体に持っていたのでした、ピカイアは絶滅しましたが、この脊柱を後継者に残しそれが やがて脊椎と成り 脊椎動物に進化したと思われます。 もしこのピカイアが脊柱を後継者に残さず、絶滅していれば人類は誕生しなかったかも知れないのです。


F植物の進化
40億年前に生命が誕生し、36億年前にシアノバクテリアが誕生しました、そして地球中の海に繁栄したのです。 このシアノバクテリアは光合成を行い地球に酸素を大量に放出して、生物の住める緑豊かな地球に変えたと云っても良いのです。
31億年前に藻類が誕生してから海で繁栄した後、淡水(川)に進出して、光のよく入る浅瀬にいた藻類などが、何かの拍子で空気中に体の一部が出て乾いたり、また水に潜ったりしていました。光合成をするには二酸化炭素が必要です。光合成に使える二酸化炭素の量は、水中よりも空気中の方が多い為、徐々に効率のいい陸へ進出していったと考えられます、それは4億5千年前だと云われています。そして3億6千年前にシダ類が大繁栄して、土だらけの単色の地球を、緑の林が有る地球に変えたのです。
しかしシダ類は、胞子で繁殖する為水分が必要でした、ですから繁殖地も水辺に限られていました、そして乾いた土地にも繁殖出来る、裸子植物が2億8千年前に誕生しました、ソテツ・針葉樹林・イチョウなどです、裸子植物の特長は雌花の木と雄花の木と分かれていて雄花は風によって花粉を運ばせ雌花まで受粉させます、しかし非常に効率が悪い為 多量に花粉を放出する。
(花粉症の方には迷惑な話ですね)これで地球は緑でいっぱいに成った訳です。
そして1億4千年前に被子植物が現れます、裸子植物と被子植物はどちらも種子植物(種で繁殖)ですが
胚珠を心皮(皮)で覆われているのが(ドングリなど)被子植物で覆われていないのが(松ボックリの中の種など)裸子植物です。
被子植物はさらに乾燥化に強く寒冷化にも適応し世界中に繁栄し多種多様な種類の植物を作り出しました。これまでの植物は、草食恐竜に始まり草食動物に、そして昆虫にまで食べられ続けてきました、しかし植物も黙って食べられていたわけでは有りません、まず美味しい果実を実らせ猿、リスそして鳥などに食べさせ種を遠くに運んで貰い、繁殖の手伝いをさせる様に成りました。  火山の噴火で出来たハワイ島も最初は不毛の地で有ったのが、鳥が植物の種を運び緑豊かなハワイ島に変えたのでした。
植物の次の作戦は、受粉を動物に手伝って貰う事でした。 花には多くの動物(鳥、コウモリ等)や昆虫(甲虫類、蝶、蜂等)が蜜や花粉を求めてやって来ます、色鮮やかな花、甘い香りを放つ花、これは全て動物特に昆虫を誘い、蜜や花粉を与える変わりに受粉の手助けをさせる為に、花は進化したのでした。 また効率を良くする為に、ある種のサボテンの花は特定のコウモリ
を・・・ランの種類によっては特定の花蜂を利用する植物も現れました。
殆んどの花は、昆虫の好む色や香りで自分のお好みの昆虫を誘う訳ですが、一風変わったランの花が存在します、それはある種の花蜂の雌にそっくりな花を咲かすのですしかも雌蜂が葉に止まっている様に見えますから、雄蜂も完全に騙されてその花に飛びつき交尾をしようとして受粉をしてしまうのです。 でもどうして意思の無い花が雌蜂に花を似せる事が出来たのでしょう?不思議ですね。



G劣勝優敗?(タビーの理論)

進化の過程で優勝劣敗、つまり強い者が生き残り弱い者が滅びる事ですが、果たしてそうでしょうか?40億年生命進化の過程でそうとばかりは云えないのです。
ます地球上に昆虫が進出し、1mも有るトンボや節足類が地上を我が物顔で徘徊していました、しかし両性類が現れ昆虫の天下は終わりを告げ、小さく成ることで生き延びて来ました、しかし昆虫は世界中に広がり種類、生息数共、世界一の繁栄をしています。そしてまた大型両生類も
より大型の爬虫類の出現により天下を奪われるのです、そして恐竜、大型哺乳類と天下は移っていく訳ですが、天下を取った者全てが滅びているのです。しかも恐竜は子孫を残さず完全に絶滅しているのです(鳥に姿を変えて進化の説有り)これはどうしてでしょう? まず強者は
強者で有るが為に進化の必要性が無くなる、そして環境の急変に対応出来ない、さらに出産率が低く(強者は死亡率が低い為、また弱者は子を沢山産んで子孫を残してきた)絶滅しやすい事が上げられます。
そして進化の歴史には、弱者が進化して新しい種に変わった例が沢山有ります、まずペンギンは昔、空も飛び今の鵜の
様に海辺で魚を捕っていたと考えられています、そして海辺での依存競争に負けて海の中に生存の場所を見つけたのです。
陸から海に戻った動物も沢山います、鯨類、海驢(アシカ)類などそうですが、これらは全て陸での生存競争に敗れた者たちなのです、しかしシロナガス鯨は世界最大の大きさにまでに成り、世界の海に君臨しているのです。

皇帝ペンギン

マッコウクジラ

シャチ

アザラシ
そして我々人間もアフリカで造山運動が起こり、東側がジャングルからサバンナに変わっていく時、残った豊かなジャングルで生存競争に敗れて追い出された類人類かも知れないのです、そうなると人類は敗者で有ったわけですね。
しかし人類も最初から、地球の支配者では有りませんでした、100万年前までは大した武器も持たず猛獣の餌食に成っていたのです、ところが原人へと進化し火を使う様に成り又武器も石器や棍棒から槍、弓矢へと高度に成り、今まで食べられていた猛獣をも倒す様に成ったのです、しかし人類が天下を取って何年に成るでしょう?新人から数えると、わずか10万年です、生物の歴史を1年に置き換えると、大晦日の12時50分頃なのです、果たして人類は年を越す事が出来るのでしょうか・・・

H恐竜の絶滅

恐竜は、三畳紀後期(約2億3000万年前)あたりから出現し、白亜紀末(約6500万年前)に絶滅したと考えられていますが、1億6000万年もの間地球の王者として君臨して来た恐竜たち、それが6500万年前に忽然として姿を消してしまったのです、恐竜たちに何が起こったのでしょう?
三畳紀


2億5000万年前

2億1000万年前


ムスサウルス

ヘラサウルス

リオアリパラサウルス
ジュラ紀


2億1000万年前

1億4000万年前

ステゴサウルス

ディプロドクス

プラキオサウルス
白亜紀


1億4000万年前

6500万年前

テラノサウルス

ヒバクロサウルス

パキリノサウルス
恐竜は竜盤目(トカゲの骨盤に似ている)と鳥盤目(鳥の骨盤に似ている)の2種類です、そしてよく、空を飛ぶ翼竜や海に住む首長竜や魚竜は恐竜と思われますが恐竜の仲間に含まれません。
そして恐竜は、歩き方が脚を体の真下にのばして、前後に動かして歩く直下(直立)型の歩き方ができる動物でした、そのため、恐竜は効率よく自由に歩くことができ、又 身体が大きく成っても身体を支えて歩くこともできました。
ではどうしてこんな優秀な動物が滅んでしまったのでしょう?
今までの恐竜絶滅説には、疫病の流行や熱波の到来、かんぱつ、一時的な寒冷期、海面の上昇、それに卵を食べてしまう哺乳類が増えてきたからではないかなどと、地球上で起こりえそうな事が、ほとんど挙げられていました、その中で幾つか挙げてみます。
※火山活動説
その説は、
恐竜は他の爬虫類同様に新生代に生き残った哺乳類や鳥類にくらべて循環器系が弱く、後期白亜紀にとくに活発になった火山活動の結果、空気中の二酸化炭素濃度が増加したために適応力が弱ってしまい絶滅したというものです。
恐竜は花によって絶滅した
今から1億4千年前頃、裸子植物よりもさらに進んだ繁殖システムを持った被子植物が現れ、裸子植物を僻地に追いやってしまった。 その結果裸子植物が主食であった草食恐竜も僻地に追いやられ、そして それらを食べる肉食恐竜と共に絶滅した、つまり花を咲かせる被子植物の発展とともに絶滅していったというものです。

※巨大隕石衝突説
6500万年前、直径10km、質量1兆トンの巨大隕石が秒速20kmで地球に衝突した。そのエネルギーは1億メガトンにもなり、直径200km、深さ30kmのクレーターが形成され、60兆トンもの物質が成層圏にまで巻き上げられたと云う。粉塵は、大気上層の対流圏にのって地球全体に広がり、ゆっくりと地上に降下し蓄積しました。その間、約3年に渡って粉塵は空を覆い、太陽光は遮られて地上は昼でも満月の夜程度の明るさしかなく、気温は数十度も低下し厳しい寒気が襲って来た。また大気圏突入の際、隕石からの放射熱によって大規模な山火事が起こり、広範囲の植生を焼き膨大な量の煤と灰が放出された。さらに大気中の窒素も強烈な放射熱によって大量の窒素酸化物となり、衝突地点付近に硝酸の雨を降らせ、さらには海に流入して大量の石灰プランクトンを死滅させる事になる。また、暗闇と気温低下は海洋生態系の基盤である植物プランクトンを壊滅させ、中生代の海生生物を絶滅に追い込んで行ったのです。しかし、植物プランクトンへの依存度が低く低温などの環境変動に強い陸水系の生物や、冬眠できる小型の爬虫類、植物の種子などで飢えをしのげた哺乳類などは、この危機を生き延びる事ができました。こうしてわずか3年程の間に、あれほど繁栄を誇っていた恐竜たちの王朝は滅び、哺乳類に道を譲ったと云う事です。


コーヒーブレイク
人間型恐竜 どの恐竜絶滅説が正しいか分かりませんが、とにかく恐竜は6500万年前に絶滅してしまった訳ですが、もし絶滅しなければ地球の生物はどうなっているでしょう? 勿論恐竜が絶滅しないわけですから哺乳類の繁栄も無い訳で、私達も存在しません。
今も、体長10m以上・60トンの巨体の恐竜が徘徊しているでしょうか、それとも小型恐竜が進化して人間みたいに頭脳を持ち、高度な文明を築き上げ、宇宙進出迄しているかも知れません、ではどんな姿をしているのでしょう?やはり頭脳が発達し重く成った頭を支えるには、直立二足歩行でなければ成りません、そうなると必然的に人間型に成る事に成ります。


Iウイルス進化論
数多くある進化論の中で一風変わった進化論がウイルス進化論です。

ユカタンビワハゴロモ
生物の中には変わった形の物が多く見られる、例えばワニの頭を持つ昆虫 ワニ虫(ユカタンビワハゴロモ)が上げられます、この虫は頭部がワニにそっくりなのです。
ではどうしてこんな虫ができたのでしょう?そしてこのワニ頭が生存の為にどんな役割を果たすのでしょう?只云えるのは進化の中でこんな虫が生まれて今まで絶滅しないで現存すると云う事です。
ワニは爬虫類、ワニ虫は昆虫です遺伝子的には全く繋がりません、ではどうしてこの虫の頭が
ワニの様に成ったのでしょう?まさか先祖がワニを見てワニ頭に成れば皆が怖がるからワニ頭に成ろうと 思ったとは考えられません。
ウイルスは細菌と違い自分で増殖出来ません、DNA細胞しか持っておらず増殖の細胞が無いのです、つまり設計図(DNA)しかなく製造工場(増殖細胞)が無い訳です、ですから他の細胞(動植物、バクテリア、細菌)に入り込みその細胞のDNAを破壊し自分のDNAでその増殖細胞を使い仲間を増やしていく訳です、そして増殖を繰り返し一杯に成ると外へ出て行くのです、その時稀に宿主のDNAを取り込んで出て行く時が有るのです。
仮説としてワニを宿主としたウイルスが出て行く時にワニの頭の部分のDNAを取り込みワニ虫の祖先に寄生したとしたらどうでしょう!そしてその子が全てワニ頭であったら!その頭のお陰で生存率が極端に高かったら!たちまちワニ頭だらけに成りますね♪
また、キリンを考えてみましょう、1頭のキリンの祖先がインフルエンザにかかりそのウイルスが首が長く成る要素のDNAを持っていたとすれば・・・そして群れから群れへ伝染したとすればどうでしょう!次の世代には首の長くなる要素を持ったキリンが いっぱい生まれる事に成ります、そして中間の首長キリンが化石に残らないほど早く進化したかも知れませんね、また食虫目とコウモリの中間化石が発見されないのも この進化論なら有りえますね。
親子間の遺伝が「垂直遺伝」で有れば、ウイルスによる個体か

麒麟は風邪を引いて首が長く成った
ら個体への遺伝は「水平遺伝」と云う事に成ります、そしてこの水平遺伝は現在人為的に行なわれています、それは遺伝子操作や遺伝子治療にですが、その運び屋には なんと!ウイルスが使われているのです。


Jパラレルワールド


地球は3億年前ゴンドワナ大陸と云って1つの大陸でした、そして大陸移動によって、アフリカ・インド・南米と分かれていき、5千万年前にオーストラリアはゴンドワナ大陸と分離し離れ孤立と成りました、その時 初期の哺乳類(有袋類)はオーストラリアに取り残されました、そして他の大陸では新型哺乳類が現れ、有袋類は殆んど滅ぼされましたが、オーストラリアは余りのも離れていたので 新型哺乳類は 進出できませんでした、そして別々の進化をしていったにもかかわらず、同じ様な生態系、形に進化したのです。

モモンガ

フクロモモンガ
この様な現象をパラレルワールド(多次元的平行世界)と言います。 その一例を上げますと、狼=タスマニアタイガー(フクロオオカミ) 猫=フクロネコ モモンガ=フクロモモンガ、と別々の世界で同じ様な形に進化していったのです、不思議ですね。
そして現在においてもこのパラレルワールドは存在します、例えば最新鋭のジェット戦闘機、戦車、空母、別々の国で開発されているのに同じ様な機能、形をしています。もっと身近な物で冷蔵庫、洗濯機、クリーナー、これも別々のメーカーで作られているのに、同じ様な機能、形をしています、これは偶然では無く(多少真似も有るでしょうが)使い勝手や性能を追求していくと しつぜん的に同じ形に成ってしまうのです。

K日本人の起源
日本で発掘された一番古い人類化石は沖縄で、年代は32,000年前の物とされています。ですから3万年以前に、日本には人類が居なかった事になります。 では今日本に住んでいる我々日本人は、何処からやって来たのでしょう? 
人類はおよそ500万年前に、アフリカで、猿人(アウストラロピテクス)が誕生しまして、原人(ホモ・エレクトス)、旧人と進化して、約10万年前に新人(ホモ・サピエンス)が、誕生しました。そして6万年前頃から新人がアフリカを出まして、世界中に広がり、人種も 黒人(ニグロイド)白人(コーカソイド)黄色人種(モンゴゴロイド)に分かれました。そしてモンゴロイドは、アジア一帯に広がり 約3万年前に、、南方系モンゴロイドが沖縄に到達。九州から北海道まで進出して、1万5千年前より縄文時代を迎えます。縄文時代は1万年程、続きましたが、3000年前ごろから北方系モンゴロイドが中国大陸から、朝鮮半島を経由して、北九州・山口方面に続々と入り込み、北海道と沖縄を除いた地域で縄文人と混血が進み、稲作を中心とした、弥生時代が始まる事になります。ですからこの時点で、日本には、沖縄人、アイヌ人(縄文系)と本土人(弥生系)の3種類の日本人が住んでいた事に成るわけです。
現在まで、日本全土で混血が進みましたが、下の表に示す様に、縄文系・弥生系(渡来人)の特徴が残っています。
身体特徴 縄文系 弥生系 身体特徴 縄文系 弥生系
顔形 四角/長方形 丸/楕円 耳たぶ 大きい/福耳 小さい/貧乏耳
彫りの深さ 立体的 平坦 耳アカ 湿る/飴耳 乾く/粉耳
太い/濃い/直線 細い/薄い/半円 広い/高い 狭い/低い
ヒゲ 濃い/多い 薄い/少ない 厚い 薄い
まぶた 二重 一重 体毛 多い 少ない
この南方系モンゴロイド説は、有力な日本人起源説ですが、他にも、ロシアのブリヤート共和国とイルクーツク州にまたがる巨大な湖バイカル湖に住んでいた、北方系モンゴロイド(北のハンター)がマンモスを追って、北海道にやって来て、日本全土に住み着き縄文人に成った説があります。これは日本人のDNAと、バイカル湖均衡に住むモンゴロイドと東南アジア人と比較した場合、バイカル湖均衡に住むモンゴロイドの方が一致点が多いことから出た説です。
この2つの説から推測しますと、こう言った説も出来上がります。つまり、約3万年前に南方系モンゴロイドが、沖縄に到達そして北上。また別のルートで2万3千年前に、北方系モンゴロイド(北のハンター)が北海道に到達そして南下して、南から来た者と北から来た者と混ざり合い 日本に住み着き、縄文人に成ったと言う説です。そして縄文時代後期に、日本に渡来して来たモンゴロイドも又、何種類かのモンゴロイドと混ざり合っていたと考えらます。 何れにしろ、日本人は単一民族では無く、少なくても3種類以上のモンゴロイドの混血である事が推測されます。つまり日本人は、ハイブリット人種であり、其々のモンゴロイドの良い性格、気品を受け継いだ、優秀な民族である事を、私は信じたい。


トップページへ